f:id:nrsk-115:20150820164110j:plain

ドラッグストアなどで簡単に手に入って、簡単に脇汗対策ができる制汗剤なのですが、「制汗剤使っても脇が臭いのはなぜ?」と思ったことはないですか?

つけてもつけても臭いが消えるどころか、返ってワキガのイヤな臭いがでてきたって経験があると思います。

そこで、制汗剤による臭いの原因と効果的な使い方をお伝えします。

制汗剤を間違った使い方をすると臭いの原因になる?

臭いの程度に関係なく、間違った使い方をすると逆効果になってしまう場合がありますので正しく使いましょう。

脇の下を清潔にした後に使う

f:id:nrsk-115:20151007232441p:plain

汗や臭いを気にしている方は、制汗剤を携帯して気になるたびにつけていると思います。その時、汗でベタベタしたところにそのまま制汗剤をつけてませんか?

制汗剤に含まれる香りの成分などが汗と混ざり合って、かえってイヤな臭いを発生させてしまいますので、脇を清潔にしてからつけるようにしましょう。

デオドラントシートや濡らしておいたタオルで、汗で汚れた脇を拭いておいて、脇の下をきれいにしてから使うことが大切です。

お風呂上がりの清潔な肌にクリームタイプのデオドラント剤をつけておくのが一番効果的です。

制汗剤のつけ過ぎないように適度な量をつける

汗の量が多い人や、臭いがとても気になっている人は、殺菌効果のある制汗剤を必要以上に多くつけてしまいがちになるのですが、余計に臭いを強くしてしまう可能性があります。

殺菌作用のある制汗剤を使いすぎてしまうと、臭いを発生させる雑菌の繁殖を抑える「良い菌」まで死滅させることになって、脇の下に雑菌が繁殖しやすい環境ができてしまいます。なので必要な場所に適量使うのが一番よいとされています。

また、長時間つけることを避け、帰ったら早めに洗い流しておきましょう。

制汗剤は、脇の下を清潔にして使い、気になった部分だけつけるようにしてつけ過ぎないように注意しましょう。使わない日を作るもの大切です!

臭いの程度に合った対策グッズを使いましょう

f:id:nrsk-115:20151007232324j:plain

最近では、いろいろな汗対策、臭い対策グッズが販売されています。

その中には、毛穴を収縮させたりふさいで汗を止める製品や、皮膚についている雑菌を抑える製品など、それぞれ効果が違います。

また、脇の臭いの程度によって選べるように、製品にも効果の強弱があります。

一般的な脇汗の量や臭い度合いであれば、スプレータイプの制汗剤でも十分効果がありますが、ワキガのような強い臭いの場合は、直塗りでき効果が長持ちするクリームかロールオンタイプのものを使うとよいと思います。

ワキガのような臭いの強い方が、スプレー式の制汗剤をつけておくと、効果がない上に強い臭いが混ざり合って、余計にイヤな臭いを出してしまう可能性があります。

制汗剤でイヤな臭いを出さないためにも、臭いの程度にあった製品を使うことが大切です。