それは
親に心配をかけたくない
親を喜ばせたい
という気持ちから。

子どもは親の器、
親のコンディションを
親以上に理解していて
親が受け入れられる範囲でしか
発信してきません。

だから親は笑顔でいたいですね。
カラ元気でもいいから。

子どもがウソを
つかなくてよいように。

子どもが大人になったとき
親の気難しい顏より
笑顔の記憶が残っているほうが
嬉しいですね。

子どもだってそうです。
いつも笑顔で接してくれた
記憶が残っていたら
あんなふうに生きたい!と
思うようになるでしょう。

笑顔は笑顔を呼び込みます。

子どもの人生への
最高のプレゼントになりますね!

 

f:id:morimika:20150826123541j:plain